THE INOUE BROTHERS DENIM BAG / Logo/Story

THE INOUE BROTHERS DENIM BAG / Logo/Story

¥4,400-(税込)

Item detail

デニムの産地として、その名は世界的にも轟いている岡山県・児島。生産工程上どうしても発生してしまう、余分な残反を有効的に活用することで、デニム事業に関わる多くの人々を手助けできると企画したプロジェクト"DENIM BAG(デニムバッグ)"。
表面には「団結」を意味する彼らのロゴマーク、裏面にはその熱い想いが綴られ、ともにプリントされています。 A4サイズもすっぽり収まり、マチ幅にも余裕を持たせたサイズ感はショッピングバッグとしても丁度良いサイズ感。デニム生地は裏返して使用していますので、持ち歩きの際に擦れたり、色移りすることもなく、気兼ねなくご使用頂けます。

[DENIM BAGストーリー]
The Inoue Brothers... は、岡山県児島のデニム産業で行われている廃棄物の削減を目的とした運動に賛同しています。
毎年、ファッション業界がもたらす製造サイクルにより過剰生産された生地の多くは残反となっています。 残念なことに、この美しいデニム生地もそうです。 しかし、サプライチェーンのメーカーと生産者の双方にメリットのあるコンセプトとデザインを立案することにより、このデニム生地を持続可能なビジネスに繋げることが可能になります。 余った残反を購入し、デニム工場にこのバッグの縫製を依頼することにより、サプライチェーンの最も重要な部分である生産者の収入増加に直接貢献します。
このプロジェクトは児島デニムの比類のない品質と職人技によって完成します。地域の文化と経済を保護することと共に廃棄物を減らすことになるのです。


MATERIAL : COTTON100% (DENIM)
COLOR : INDIGO
SIZE : W430 H330 D150mm
MADE IN JAPAN

About “THE INOUE BROTHERS”

デンマーク・コペンハーゲンで生まれ育った、井上 聡(さとる)・清史(きよし)によるファッションブランド。2004年のブランド設立以来、地球環境に大きな負荷をかけないプロダクトの製造過程、生産者に不当な労働を強いることのない"エシカル(倫理的な)ファッション"を信条としています。
SSシーズンは東日本大震災で被災した縫製工場で生産するTシャツ、AWシーズンは南米アンデス地方の先住民たちと一緒に作ったストール・マフラーや、ニットウェアを中心に展開。 2018年に出版した彼らの著書『僕たちはファッションの力で世界を変える』の中でも語られている通り、様々なプロジェクトを通じて「責任ある生産方法に対する関心」を生み出すことこそが彼らの目的。
兄の聡はコペンハーゲンを拠点にグラフィックデザイナーとして、また弟の清史はヘアデザイナーとしても活動しています。個々の活動で得た収入のほとんどをTHE INOUE BROTHERSの運営資金に充てています。
兄弟の姓を冠したブランド名には「嘘のない誠実な仕事をする」という、ふたりの決意が込められています。


VIEW ALL ITEMS of THE INOUE BROTHERS