OLDMAN’S TAILOR STIFEL EASY WORK PANTS / BLACK

OLDMAN’S TAILOR STIFEL EASY WORK PANTS / BLACK

SALE ¥23,760-(税込)
通常販売価格¥30,240-(税込)
配送料無料
SIZE

Item detail

オールドのワークパンツをデザインソースに、ややゆとりのあるシルエットに仕上げた"STIFEL EASY WORK PANTS(シュティフェルイージーワークパンツ)"。
決して野暮ったい印象はなく、きれいなシルエットラインが特徴的です。フロントは1ボタンのみで、ウェスト部分はイージー仕様ですが、大きいサイズを絞って着用頂くのではなく、ジャストサイズで選んで頂くのがおすすめ。同生地で製作された"STIFEL WORK JACKET"とセットアップで着用頂くのも気分ではないでしょうか。
また、本製品を語る上で欠かせないのが、そのマテリアル。モールスキンにも似たようなガシッとした質感、ピンストライプのような織りパターンの生地。これは1920〜1950年代のヴィンテージワークウェアに使用され、その希少性から現代でも高値で取引きされることで知られるドイツの生地メーカーSTIFEL社のファブリックを参考に、OLDMAN'S TAILORが独自に復刻した逸品です。 まるでデッドストックと見紛うほどの出来栄えは、再現性の高さも然ることながら、一目で分かるほどハイクオリティー。経年変化も楽しみな一着に仕上がっています。


【about J.L. Stifel Co】
1807年3月13日にドイツのマーテンベルグに生まれた創業者のJ.L. Stifel(ヨハン・ルードウィッヒ・シュティフェル)は染色とプリントの技術を学び、一流の職人として地域を渡り歩いていました。
26歳のとき、アメリカへ移民としてわたり、1833年9月にバルチモアに上陸。フィラデルフィア、ペンシルバニアと移動を続け、1834年にはウェストバージニア州(当時はバージニア州の一部)のウィーリングに落ち着きます。
当時の彼はとても貧しく、靴底を節約するために素足で歩いていたほどでしたが、 1835年の春まで農場で働き、十分な資金をためると、ウィーリングの北寄りに小さなクリーニングと染物の工場を始めました。更に、彼はヨーロッパで覚えたプリントと染色の技術をいかした商売を始めることを決断し、社名をJ.L. Stifel Coと名付けました。当時の仕事は、未ざらしの綿織物やインディゴ染めされた生地を仕入れ、のり抜き、脱脂をして、染色や柄のプリントを施していました。
1835年6月には結婚し、子供をもうけ、そのうちのルイスとウィリアムは1859年から彼のビジネスに参加しました。 それと共に、社名もJ.L.Stifel & sonsと改めることとなります。
1871年、創業者J.L. Stifelが引退、10年後の1881年に永眠するものの、彼の死後も、ビジネスは孫、ひ孫の代まで続きます。
1903年、有名なブーツのトレードマークが織物の裏面にプリントされ登場します。このマークは、Stifelという単語がドイツ語で「ブーツ」を意味するため作られました。
二度の大戦中には、軍需工場として軍納入品を生産。1943年、テキスタイル業界初のArmy-Navy E Production Awardという、軍需にあたり高い貢献をしめした企業に贈られる賞を獲得しています。
1957年、綿製品への需要低下、化学繊維の台頭、安い輸入品に押され、工場は操業を停止。122年の歴史に幕が下ろされます。その後、工場は売却され、数社の手を渡り歩きますが、最終的には工場は再び息をかえすことはありませんでした。
1961年、火事により煙突を残して工場、社屋が全焼。
1969年、最後に残った大煙突も市によって撤去され、シュティフェル社の面影を残す建物は全てなくなってしまいました。
シュティフェル社に直接関係する建物などは無くなってしまいましたが、シュティフェル一族(現在は5代目以降)は現在もウィーリングに住み、地域社会に貢献されているそうです。
創業者のJ.L. Stifelはウィーリングの多くのビジネスや市民活動に参加していました。

・ウィーリングで初のドイツ新聞の創設者
・経営者の立場から、労働組合創設を強く支持
・ウェストバージニアをバージニアから独立させる運動

などが挙げられ、 ウィーリングには今も彼の業績をたたえる記念館があります。


BRAND : OLDMAN’S TAILOR
MATERIAL : COTTON100%
COLOR : BLACK
MADE IN JAPAN

Item Size

  • サイズ (cm) ウェスト 股上 股下 ワタリ 裾幅
    36 79 37 65 30 20
    38 83 37.5 66 31 21
    40 87 38 67 32 22

    モデル (身長176cm 体重62kg):サイズ38着用

About “OLDMAN'S TAILOR”

富士山麓に位置する山梨県富士吉田。しむら祐次氏と大貫たっせい氏、両デザイナーによるOLDMAN'S TAILOR(オールドマンズテーラー)は、雄大な自然に囲まれたアトリエより発信されています。
両氏が好む古い年代の英国を中心とした、ミリタリー・ワーク・テーラーのアーカイブを元に、彼らの知識や経験、現代的なアプローチを織り交ぜたプロダクトは、時代が移り変わろうとも、決して色褪せることのない普遍性を誇ります。
基本的に地元で生産された素材や生地を、地元の工場にて縫製し、ひとつの商品が完成します。彼らの温かな郷土愛もまた、OLDMAN'S TAILORのものづくりには欠かせない要素なのでしょう。

※この商品に関してはメーカーの意向に因り、ショッピングカートでの販売を行なっておりません。
通信販売についてのお問い合わせをご希望のお客様はお電話、又はメールにてお問合せ下さい。

TEL: 078-335-6280
E-mail: info@onetenth.jp

OLDMAN'S TAILORの商品一覧を見る