THE INOUE BROTHERS NECKWARMER - Royal Alpaca / GREY

THE INOUE BROTHERS NECKWARMER - Royal Alpaca / GREY

¥12,960-(税込)

Item detail

嵩張ることのないサイズや持ち運びに困ることのない軽量性によって、旅行や出張のお供としても最適な"NECKWARMER(ネックウォーマー)"。
アウトドアやスポーツギアとしてのイメージが先行するアイテムですが、THE INOUE BROTHERSが手掛けると、ご覧の通り上品な雰囲気を纏ったファッションアイテムへと昇華します。マフラーやストールなど巻物と比較し、首元がすっきりまとまり主張し過ぎることがないのも特徴です。
マテリアルには欧米のハイブランドアイテムにも使用される「ロイヤルアルパカ」を使用。数あるアルパカ繊維の中で最も細く、滑らかな質感や心地良い肌触り、高い保温性を誇る最高級品質です。

豊富に揃ったカラーバリエーションは時代や流行に左右されることのないベーシックカラーを中心に、鮮やかな発色が特徴のカラーまで。その日の気分やコーディネートによって色違いを挿したりするのも、楽しみのひとつです。
また、商品に付属する板状のタグは楠(クスノキ)を使用しています。そこにはブランドコンセプトが記載されているだけでなく、古くから「虫除けの木」として知られ、天然の防虫・消臭剤としての効果も期待できる心憎い演出も。彼らの真摯にプロダクトに向き合う実直さと、ユーモラスな人柄が表れている、粋なオマケつきです。

[ロイヤルアルパカとは]
南米のアンデス高原に生息するラクダ科。海抜4000メートルもの高地につき、夏は40℃、冬はー20℃にもなる、非常に厳しい環境です。そんな環境下で生き抜く為、天然素材ながらアルパカの毛は寒暖共に適応すべく、調節できる機能性を有しています。
ロイヤルアルパカとは19〜20ミクロンという最も細いランクの繊維のみを指しています。その毛はとにかく柔らかく、滑らかな質感ですが、特筆すべきはウールの8倍ともいわれる保温性の高さ。加えて、見た目からは想像し難いほど丈夫であり、欧米のハイブランドアイテムにも好んで使用されることから「プレミアムアルパカ」とも称され、非常に高い評価を得ています。

[パコマルカ研究所について]
一時は品質の低下が叫ばれたこともあるアルパカ素材。その品質を伝統とともに守るべく、最新の科学技術と獣医学を基に、純血度の高いアルパカの育成活動を続ける研究機関こそ「パコマルカ研究所」です。さらに、アンデス地方の民族文化を保護・再生するサスティナブルな環境作りにも積極的で、先住民たちの生活水準を引き上げるための教育や支援も行っています。
ザ イノウエブラザーズの運命を大きく変えたのは、当時の所長であったアロンゾ・ブルゴス氏との出会い。アロンゾ氏の指導のもと、彼らは中間マージンを極力抑えることで、消費者にとってはよりリーズナブルな価格で製品を提供でき、生産者にとっても多くの利益をもたらすことができる“ダイレクトトレード”と呼ばれる流通方式を確立。アンデスの牧畜民と商品売場を直接繋ぐことで、次なる循環が生まれる。ここに至るまでもファッションブランドとして約4年間活動していた彼らでしたが、これにより目指すべき方向性が明確になりました。


MATERIAL : ROYAL ALPACA100%
COLOR : GREY
SIZE : W270 H220mm
MADE IN PERU

About “THE INOUE BROTHERS”

デンマーク・コペンハーゲンで生まれ育った、井上 聡(さとる)・清史(きよし)によるファッションブランド。2004年のブランド設立以来、地球環境に大きな負荷をかけないプロダクトの製造過程、生産者に不当な労働を強いることのない"エシカル(倫理的な)ファッション"を信条としています。
SSシーズンは東日本大震災で被災した縫製工場で生産するTシャツ、AWシーズンは南米アンデス地方の先住民たちと一緒に作ったストール・マフラーや、ニットウェアを中心に展開。 2018年に出版した彼らの著書『僕たちはファッションの力で世界を変える』の中でも語られている通り、様々なプロジェクトを通じて「責任ある生産方法に対する関心」を生み出すことこそが彼らの目的。
兄の聡はコペンハーゲンを拠点にグラフィックデザイナーとして、また弟の清史はヘアデザイナーとしても活動しています。個々の活動で得た収入のほとんどをTHE INOUE BROTHERSの運営資金に充てています。
兄弟の姓を冠したブランド名には「嘘のない誠実な仕事をする」という、ふたりの決意が込められています。


VIEW ALL ITEMS of THE INOUE BROTHERS